労働災害(労災)の被害に遭った場合に、受診するのは「労災病院・労災指定病院」と「それ以外の病院」の選択肢があります。
この点、労災病院・労災指定病院にはメリットが大きいため、労災病院・労災指定病院に行くことをお勧めいたします。

労災病院とは、厚生労働省が管轄する独立行政法人労働者健康安全機構が運営している病院です。
労災病院は、勤労者医療はもちろん、地域の中核病院としての役割も担っています。
労災指定病院は、医療機関の申請に基づいて、都道府県の労働局長が指定する病院です。
労災指定病院は、必ずしも国の運営ではなく、民間病院であることも多く、全国に多数の労災指定病院があります。

労働災害(労災)の被害に遭ったとき、労災病院・労災指定病院を受診すると、被害者は病院の窓口で医療費を支払う必要がありません。
被害者が労災病院・労災指定病院へ所定の請求書(様式第5号)を提出することで、医療費が労災保険から労災病院・労災指定病院へ直接支払われます。

これに対し、労災病院・労災指定病院以外の病院を受診する場合、被害者は病院の窓口で医療費を一旦立て替え払いする必要があります。
そして、後に被害者が労働基準監督署へ所定の請求書(様式第7号)を提出することで、被害者の預貯金口座へ支払分を振り込んでもらうことができます。
しかし、労災病院・労災指定病院以外の病院では医療費が10割負担となるため、手元にお金がなければ医療費の窓口負担が苦しくなることがあります。

したがって、労災病院・労災指定病院の方が、医療費の窓口負担がなく、被害者にとってのメリットが大きいと言えます。

労災に関するQ&A一覧

No ご質問
1 労働災害とは?
2 労働災害の被害に遭った場合に受けられる補償は?
3 労災保険とは?
4 労災保険の申請に期限はありますか?
5 安全配慮義務とは?
6 安全配慮義務の具体的な内容は?
7 どのような場合に安全配慮義務違反と認められますか?
8 労災保険の給付内容は?
9 労災保険の給付を受けた場合でも、さらに会社に対して損害賠償を請求することはできますか?
10 会社が労災保険の申請をしてくれない場合は、どうすればよいですか?
11 後遺障害とは?
12 障害等級とは?
13 症状固定とは?
14 使用者責任とは?
15 どのような損害について賠償請求できるのか?
16 休業損害(休業補償)とは?
17 後遺障害による逸失利益とは?
18 後遺障害による逸失利益の計算方法は?
19 労働能力喪失率とは?
20 労働能力喪失期間とは?
21 ライプニッツ係数とは?
22 死亡による逸失利益とは?
23 稼働部分の死亡逸失利益の計算方法は?
24 年金部分の死亡逸失利益の計算方法は?
25 生活費控除率とは?
26 就労可能年数とは?
27 慰謝料とは?
28 傷害慰謝料とは?
29 後遺障害慰謝料とは?
30 死亡慰謝料とは?
31 会社側に弁護士費用を請求できますか?
32 損害賠償問題の解決方法は?
33 労働災害(労災)の問題を弁護士に依頼するメリットは?
34 過失相殺とは?
35 素因減額とは?
36 会社の労災上乗補償制度の給付を受けた場合には、労災保険の給付や会社に対する損害賠償請求に影響がありますか?
37 下請業者の労働者が元請業者の現場で作業中に労働災害に巻き込まれた場合、元請業者に対して損害賠償を請求することはできますか?
38 労働災害の被害に遭ったら、労災病院・労災指定病院に行くべきですか?
39 労働災害の発生から解決までの流れはどのようになりますか?