相談風景

労働災害(労災)の被害に遭われてから、労災保険の給付申請をし、会社からの適正な補償を受けて解決するまでの流れは、以下のとおりとなります。労働災害の被害に遭われた際の手続や補償のことについて、ご不明点や不安に思われていることなどがありましたら、お早めに専門家である弁護士にご相談いただくことをお勧めいたします。

1 労働災害の発生

労働災害の被害に遭われた場合には、まずは治療を最優先しましょう。労働災害の状況に関する事実関係を把握しておくことも大切です。

2 労災保険の給付申請

労災保険の給付を受けるために、労働基準監督署へ給付申請をします。会社側が申請をしてくれない場合には、弁護士にご相談いただくことをお勧めします。

3 会社側との示談交渉

会社側が労働災害発生の責任(安全配慮義務違反)を否定し、賠償金の支払に応じない場合や、低額の賠償金を提示してくる場合があります。弁護士にご依頼いただくことで、会社側と適正な賠償金の支払に向けた示談交渉を行います。

4 会社側との裁判

会社側との示談交渉がまとまらない場合には、裁判によって損害賠償責任(安全配慮義務違反)や賠償金の額を争うこととなります。

5 解決

会社側との示談交渉・裁判によって、労働災害に遭われた方の適正な賠償金の獲得を目指します。