弁護士木村哲也

このホームページをご覧になられている方の中には、労働災害(労災)の被害に遭われてお悩みの方もいらっしゃることと思います。労働災害の被害に遭われた場合、肉体的・精神的に多大なダメージを受けるほか、お怪我のために仕事ができなくなり、今後の生活や補償について不安をお持ちの方もいらっしゃることと思います。

労働災害の被害は、作業中のちょっとした不注意や操作のミスから発生してしまうことも多いです。また、ご自身が細心の注意を払って作業をしていたとしても、外的な要因によって労働災害の被害に巻き込まれてしまうこともあります。会社が十分な安全設備の設置や労災防止のための配慮をしなかったために、労働災害の被害に見舞われることも多々あります。

労働災害の被害に遭われた場合には、まずは治療が最優先です。また、労働災害の状況に関する事実関係を把握しておくことで、適正な補償を受けられる可能性が高まります。そして、労災保険の給付を受けるために、労働基準監督署へ給付申請をします。会社側が労災保険の申請をしてくれない場合には、弁護士に一度ご相談いただくのがよいでしょう。

労働災害が発生したことについて、会社側に責任(安全配慮義務違反・使用者責任)がある場合には、会社側に対して損害賠償を請求することができます。しかし、会社側に損害賠償責任(安全配慮義務違反・使用者責任)があるかどうかについては、法令や過去の裁判例などに基づき、複雑・高度な判断が必要となることも少なくありません。損害賠償の適正額についても、専門的な知識がなければ、算出や判断が難しいでしょう。また、ご自身で会社側との交渉をすることは、大きな負担や不安を伴うのが通常であり、会社側と対等な話し合いをすることは困難です。そこで、会社側に対する損害賠償の請求については、労働災害の問題に詳しい弁護士にご相談・ご依頼されることをお勧めします。労働災害の問題に精通した弁護士に対応をご依頼いただくことで、専門的で複雑・高度な判断が可能となりますし、会社側と対等以上の話し合いを進めていくことができます。

八戸シティ法律事務所では、労働災害の被害に遭われた方のサポートに日々取り組んでおります。労働災害の発生直後からのご相談、労災保険の利用申請のサポート、会社側への損害賠償請求の示談交渉・裁判まで、ワンストップで対応させていただくことが可能です。労働災害の被害に遭われてお悩みの方は、是非一度、お気軽に八戸シティ法律事務所にご相談ください。

労働災害の被害に遭われた方はこちらもご覧下さい

●労働災害の被害に遭われた方へ
●労災保険による補償と損害賠償請求について~被害者やご家族が知らないと損をする事実~
●労働災害を弁護士に相談した方がよい3つの理由
●労働災害の被害に遭った時に頼りになる弁護士の選び方~弁護士のここで差が付く~
●弁護士に相談するタイミング
●労災保険の申請でお困りの方へ