(1)お問合せ

まずは、お電話にてご相談をご希望される日時をご予約下さい。
当事務所では、労働災害(労災)に詳しい弁護士が親身にご相談をお受けさせて頂きます。

そして、より良い解決方法に導くご提案をさせて頂きます。

お問合せはこちら
電話番号:0120-146-111
お問合せはこちら
電話番号:0120-146-111

また、メールフォーム、LINEからのご予約も受け付けております。
>>>メールフォームへはこちらから


※弁護士による法律相談は、お電話でご予約頂いたうえ、当事務所にご来所頂いてのご対応となります。ただし、遠方にお住いのため、当事務所にお越しいただくのが困難な方につきましては、LINE(Zoom、Chatworkも選択可)によるビデオ通話でのご相談を受け付けておりますので、ご希望の方は、相談予約時にお知らせください。

※現在または過去に反社会的勢力に属している方、現在または過去にこれらの者と付き合いがある方については、ご相談・ご依頼をお受けすることはできません。

>>>出張法律相談はこちら

【ご本人様確認のお願い①】
当事務所では、ご予約の際に、必要な範囲でお客様の個人情報(氏名、電話番号、居住市町村等)をお伺いしております。
これは、お客様とのご連絡、利益相反(※)の有無の確認、およびこれに附随する事項の遂行のために行うものです。
当事務所では、個人情報保護を徹底しておりますので、何卒、ご理解とご協力をお願いいたします。

※弁護士は、法令上、①相手方の協議を受けて賛助し、またはその依頼を承諾した事件、②相手方の協議を受けた事件で、その協議の程度および方法が信頼関係に基づくと認められるもの、③受任している事件の相手方からの依頼による他の事件については(ただし、③については、受任している事件の依頼者が同意した場合を除く)、職務を行ってはならないこととされています。

(2)弁護士との面談(初回相談無料

事務所にご来所頂き、弁護士が親身になってお悩みにお応え致します。

そして、お客様にとって最適な解決方法についてご説明させて頂きます。

なお、LINE(Zoom、Chatworkも選択可)によるビデオ通話でご相談をされる方は、ご来所いただく必要はございません。

【ご本人様確認のお願い②】
当事務所では、ご相談の際に、ご本人様確認を徹底するため、ご本人様確認書類(運転免許証等)のコピーを頂戴しております(ご本人様確認書類をご提示いただけば、コピーは当事務所でお取りいたします)。
これは、なりすまし相談によりご本人の利益が毀損され、あるいは偽名・仮名相談により意図せず利益相反に陥ること等を防止するために行うものです。
また、日本弁護士連合会の「依頼者の本人特定事項の確認及び記録保存等に関する規程及び規則」に基づく対応となります。
当事務所では、個人情報保護を徹底しておりますので、何卒、ご理解とご協力をお願いいたします。

(3)方針の決定と委任契約

弁護士との面談にて、弁護士から問題解決に向けた説明をお聞き頂いた上で、弁護士に依頼したい場合は、当事務所との間で委任契約を結んでいただきます。



当日ご用意いただく書類

ご相談に当たっては、お手元にある労働災害関係の書類をお持ちいただければ、よりスムーズなご相談が可能です。
もし、お手元に次のような書類がある場合は、お持ちいただくようにお願いしております。

●診断書
●労働基準監督署からの給付に関する書類
●会社からの書類
●レントゲン・MRIなどの画像

当事務所にご依頼された場合は、私たちが労働基準監督署や会社などへ資料の取り寄せを行ないますので、特別にお取り寄せいただく必要はございません。

ドリンクメニューのご案内

当事務所では、お客様の不安や緊張を少しでも和らげていただくために、ドリンクメニューをご用意させていただいております。

温かいお飲物を3種類、冷たいお飲物を4種類ご準備しておりますので、お気軽にお申し付けください。





キッズスペースのご案内

当事務所では、小さいお子様がいらっしゃる方のために、相談室にキッズスペースを設置させていただいております。

お子様の様子を確認しながらご相談いただくことができますので、小さいお子様がいらっしゃる方でも、安心して当事務所をご利用ください。

※キッズスペースのご利用につきましては、準備(設置と片付け)の都合上、平日の日中(9:00~18:00)のみのご利用とさせていただいております。また、ご予約時に利用希望の旨をお申し出いただくことをお願いしております。何卒、ご了承ください。