元請業者に対して損害賠償を請求できる可能性があります。

現場での仕事について、元請・下請が何重にも存在していることが少なくありません。
そして、機械・資材の準備、工期・安全の管理、下請業者の労働者への指揮監督を、元請業者が行っていることがあります。
元請業者と、下請業者の労働者との間には、直接の労働契約が存在しなくても、このように元請業者が現場の安全管理をコントロールしている場合には、特別な社会的接触の関係があるものとして、元請業者は、下請業者の労働者に対し、安全配慮義務を負います。

また、同じ現場で行う事業の仕事の一部を下請業者に請け負わせている事業者のことを、元方事業者と言います(労働安全衛生法15条1項)。
元方事業者は、下請業者および下請業者の労働者が労働安全衛生法および規則等に違反しないように必要な指導をし、違反していると認めるときは是正のための必要な指示をする義務があります(労働安全衛生法29条)。
したがって、元請業者が労働災害防止のための必要な措置を取らなかったり、下請業者の労働安全衛生法および規則等の違反に対し、是正のための必要な指示をしなかったりした場合には、安全配慮義務に違反したものとして、下請業者の労働者に対して損害賠償責任を負うこととなります。

労働災害(労災)の被害に遭った場合、雇用主である下請業者には十分な資力がなく、損害賠償金の支払を受けるのが困難であるというケースもあります。
このようなケースで、元請業者には十分な資力があり、損害賠償金の支払を受けられると見込まれるのであれば、元請業者に対する損害賠償請求を検討することが重要です。

元請業者に対する損害賠償請求については、元請業者と下請業者の労働者との指揮監督関係、元請業者の安全管理上の役割など、複雑な検討と主張・立証が必要となりますので、労働災害に詳しい弁護士にまずはご相談いただくのがよいでしょう。

労災に関するQ&A一覧

No ご質問
1 労働災害とは?
2 労働災害の被害に遭った場合に受けられる補償は?
3 労災保険とは?
4 労災保険の申請に期限はありますか?
5 安全配慮義務とは?
6 安全配慮義務の具体的な内容は?
7 どのような場合に安全配慮義務違反と認められますか?
8 労災保険の給付内容は?
9 労災保険の給付を受けた場合でも、さらに会社に対して損害賠償を請求することはできますか?
10 会社が労災保険の申請をしてくれない場合は、どうすればよいですか?
11 後遺障害とは?
12 障害等級とは?
13 症状固定とは?
14 使用者責任とは?
15 どのような損害について賠償請求できるのか?
16 休業損害(休業補償)とは?
17 後遺障害による逸失利益とは?
18 後遺障害による逸失利益の計算方法は?
19 労働能力喪失率とは?
20 労働能力喪失期間とは?
21 ライプニッツ係数とは?
22 死亡による逸失利益とは?
23 稼働部分の死亡逸失利益の計算方法は?
24 年金部分の死亡逸失利益の計算方法は?
25 生活費控除率とは?
26 就労可能年数とは?
27 慰謝料とは?
28 傷害慰謝料とは?
29 後遺障害慰謝料とは?
30 死亡慰謝料とは?
31 会社側に弁護士費用を請求できますか?
32 損害賠償問題の解決方法は?
33 労働災害(労災)の問題を弁護士に依頼するメリットは?
34 過失相殺とは?
35 素因減額とは?
36 会社の労災上乗補償制度の給付を受けた場合には、労災保険の給付や会社に対する損害賠償請求に影響がありますか?
37 下請業者の労働者が元請業者の現場で作業中に労働災害に巻き込まれた場合、元請業者に対して損害賠償を請求することはできますか?
38 労働災害の被害に遭ったら、労災病院・労災指定病院に行くべきですか?
39 労働災害の発生から解決までの流れはどのようになりますか?