会社が労災保険の申請をしてくれない場合の対応としては、次のような対応が考えられます。

①会社に対して労災保険の申請を強く求める。
労働災害が発生した場合、会社は労働基準監督署に労働災害の発生を報告する義務があります。会社が労災隠しをして労災保険の申請を拒否することは、労働安全衛生法に違反する犯罪行為です。労働災害の被害者側としては、労災隠しが犯罪行為に該当することを警告しながら、会社に対して労災保険の申請を強く求めていくことが考えられます。

②被害者側で労災保険の申請を行う。
労災保険の申請は、必ずしも会社にやってもらう必要はなく、労働者側で申請することができます。会社が労災保険の申請に協力しない場合には、労働基準監督署に対し、会社に労働災害の証明をしてもらえなかった事情等を記載した文書を添えて、被害者側で労災保険の申請を行うことが考えられます。

③弁護士に労災保険の申請を相談・依頼する。
以上のような対応をご自身で行うことは、法律の専門家ではない被害者側の方にとっては、手間や時間の負担と不安が大きいのではないでしょうか。弁護士に労災保険の申請を相談・依頼することで、スムーズに手続を進めることが可能となります。

労災に関するQ&A一覧

No ご質問
1 労働災害とは?
2 労働災害の被害に遭った場合に受けられる補償は?
3 労災保険とは?
4 労災保険の申請に期限はありますか?
5 安全配慮義務とは?
6 安全配慮義務の具体的な内容は?
7 どのような場合に安全配慮義務違反と認められますか?
8 労災保険の給付内容は?
9 労災保険の給付を受けた場合でも、さらに会社に対して損害賠償を請求することはできますか?
10 会社が労災保険の申請をしてくれない場合は、どうすればよいですか?
11 後遺障害とは?
12 障害等級とは?
13 症状固定とは?
14 使用者責任とは?