過失相殺とは、労働災害(労災)の損害賠償請求を行う際に、被害者自身にも落ち度(過失)があった場合に、被害者の過失の比率分が、請求できる損害賠償額から控除(減額)されることを言います。

例えば、裁判例では、被害者がプレス等の特に危険な機械の操作・作業において安全装置を使用せず、その他にも基本的な作業上の安全確認を怠った場合や、被害者が現場で車両やクレーン等の合図・誘導などに関与しながら、その車両等の動静に注意せず自身の安全確保をしなかったために被害に遭った場合などで、40%程度の過失相殺(請求できる損害賠償額から40%程度の減額)が認められています。

また、高所での作業でありながら日頃の会社側の注意に反して被害者が命綱の使用などの転落防止のための措置をとらなかった場合で、50%程度の過失相殺が認められています。

さらに、高所作業・有毒ガス発生などの明らかに危険な業務において、被害者がその危険性を分かっていながら安全帯・保護具などを着用せず、きわめて軽率な態度で作業・行動をしたために被害に遭った場合で、60%以上の過失相殺が認められています。

過失相殺が認められるケースかどうか、過失の比率分(過失相殺の割合)がどれくらいになるかは、それぞれの労働災害の事故状況等によって様々です。
そして、過失相殺が認められてしまうと、請求できる損害賠償額が大幅に減額されてしまうリスクがあります。
したがって、現に会社からご自身の落ち度を指摘されている場合や、過失相殺について疑問に思われる場合などには、労働災害の問題に詳しい弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

労災に関するQ&A一覧

No ご質問
1 労働災害とは?
2 労働災害の被害に遭った場合に受けられる補償は?
3 労災保険とは?
4 労災保険の申請に期限はありますか?
5 安全配慮義務とは?
6 安全配慮義務の具体的な内容は?
7 どのような場合に安全配慮義務違反と認められますか?
8 労災保険の給付内容は?
9 労災保険の給付を受けた場合でも、さらに会社に対して損害賠償を請求することはできますか?
10 会社が労災保険の申請をしてくれない場合は、どうすればよいですか?
11 後遺障害とは?
12 障害等級とは?
13 症状固定とは?
14 使用者責任とは?
15 どのような損害について賠償請求できるのか?
16 休業損害(休業補償)とは?
17 後遺障害による逸失利益とは?
18 後遺障害による逸失利益の計算方法は?
19 労働能力喪失率とは?
20 労働能力喪失期間とは?
21 ライプニッツ係数とは?
22 死亡による逸失利益とは?
23 稼働部分の死亡逸失利益の計算方法は?
24 年金部分の死亡逸失利益の計算方法は?
25 生活費控除率とは?
26 就労可能年数とは?
27 慰謝料とは?
28 傷害慰謝料とは?
29 後遺障害慰謝料とは?
30 死亡慰謝料とは?
31 会社側に弁護士費用を請求できますか?
32 損害賠償問題の解決方法は?
33 労働災害(労災)の問題を弁護士に依頼するメリットは?
34 過失相殺とは?