労働災害の被害に遭った場合に受けられる補償としては、①国から一定の補償が受けられる労災保険の給付と、②会社側に落ち度がある場合に労災保険の給付を超える損害の回復を図る民事上の損害賠償請求による補償があります。

労災保険の給付では、療養(補償)給付、休業(補償)給付、障害(補償)給付、傷病(補償)給付、遺族(補償)給付、葬祭料(葬祭給付)、介護(補償)給付、二次健康診断等給付の8種類の給付があります。この労災保険の給付は、会社側に落ち度がなくても補償が受けられますが、休業(補償)給付は平均賃金の80%(休業特別支給金を含む)までしか補償されませんし、精神的損害に対する慰謝料は全く補償されません。

労災保険の給付を超える被害者の全ての損害について補償を受けるためには、会社側に対して民事上の損害賠償請求による補償を求めることとなります。もっとも、この損害賠償請求が認められるためには、会社側に落ち度(不法行為、安全配慮義務違反)があることが必要となります。

労災に関するQ&A一覧

No ご質問
1 労働災害とは?
2 労働災害の被害に遭った場合に受けられる補償は?
3 労災保険とは?
4 労災保険の申請に期限はありますか?
5 安全配慮義務とは?
6 安全配慮義務の具体的な内容は?
7 どのような場合に安全配慮義務違反と認められますか?
8 労災保険の給付内容は?
9 労災保険の給付を受けた場合でも、さらに会社に対して損害賠償を請求することはできますか?
10 会社が労災保険の申請をしてくれない場合は、どうすればよいですか?
11 後遺障害とは?