労働災害(労災)の発生について、会社側に安全配慮義務違反や使用者責任が成立する場合には、被害者側は会社側に対して損害賠償を請求することができます。
会社側に対して賠償請求できる主な損害の項目を、以下の表に整理しました。

労働災害の被害に遭われた場合には、労災保険からの給付を受けられます。
労災保険からの給付では、治療関係費は基本的に全額補償されますが、休業損害や逸失利益は一部しか補償されず、慰謝料は補償が一切ありません。
労災保険からの給付で足りない部分については、会社側に対して損害賠償を請求していく必要があります。

損害項目
説明
治療関係費
病院での治療費、整骨院での施術費などです。
通院交通費
通院のために必要となるタクシー代や、自家用車のガソリン代相当額です。
休業損害
怪我のために仕事ができなかったことによる損害です。
慰謝料
被害者が受けた精神的苦痛による損害です。傷害を負ったことによる慰謝料、後遺障害が残ったことによる慰謝料、死亡したことによる慰謝料があります。
逸失利益
後遺障害あるいは死亡によって、将来得られたであろう収入が減少・喪失したことによる損害です。後遺障害による逸失利益と、死亡による逸失利益とがあります。
装具・器具等購入費
義手・義足等の装具・器具等の購入が必要となることによる損害です。将来発生する交換費用の請求も可能です。
葬儀関係費用
死亡事故の場合に発生する葬儀・四十九日法要等の費用のうち、相当額を損害として請求することができます。
将来介護費
重篤な後遺障害のために介護が必要となった場合に、将来発生する介護の費用を損害として請求することができます。
弁護士費用
被害者側が負担する弁護士費用の一部を、損害として請求することができます。
遅延損害金
労働災害の発生時から、損害賠償額に対する年5%の遅延損害金を請求することができます。

以上のほかにも、ケースによっては、会社側に対して請求可能な損害項目があります。
損害賠償請求のことでご不明点がありましたら、労働災害に詳しい弁護士にご相談ください。

労災に関するQ&A一覧

No ご質問
1 労働災害とは?
2 労働災害の被害に遭った場合に受けられる補償は?
3 労災保険とは?
4 労災保険の申請に期限はありますか?
5 安全配慮義務とは?
6 安全配慮義務の具体的な内容は?
7 どのような場合に安全配慮義務違反と認められますか?
8 労災保険の給付内容は?
9 労災保険の給付を受けた場合でも、さらに会社に対して損害賠償を請求することはできますか?
10 会社が労災保険の申請をしてくれない場合は、どうすればよいですか?
11 後遺障害とは?
12 障害等級とは?
13 症状固定とは?
14 使用者責任とは?
15 どのような損害について賠償請求できるのか?
16 休業損害(休業補償)とは?
17 後遺障害による逸失利益とは?
18 後遺障害による逸失利益の計算方法は?
19 労働能力喪失率とは?
20 労働能力喪失期間とは?
21 ライプニッツ係数とは?
22 死亡による逸失利益とは?
23 稼働部分の死亡逸失利益の計算方法は?
24 年金部分の死亡逸失利益の計算方法は?
25 生活費控除率とは?
26 就労可能年数とは?
27 慰謝料とは?
28 傷害慰謝料とは?
29 後遺障害慰謝料とは?
30 死亡慰謝料とは?
31 会社側に弁護士費用を請求できますか?
32 損害賠償問題の解決方法は?
33 労働災害(労災)の問題を弁護士に依頼するメリットは?
34 過失相殺とは?