労働災害(労災)の被害に遭われた場合には、事故直後のできるだけ早期の段階から、弁護士にご相談いただくことをお勧めいたします。早期の段階から弁護士にご相談いただくことによって、その後の手続をより円滑・有利に進めていくことが期待できるためです。

労働災害の問題解決までには、労災申請、治療・検査、症状固定・後遺障害申請、慰謝料などの損害賠償請求(示談交渉・裁判)の段階を経ることになります。弁護士によるサポートは、これらの各段階に応じた連続的なものですが、ご相談の時期が遅くなれば、弁護士がサポート可能な範囲が少なくなります。

弁護士による具体的なサポートの内容としては、労災申請に関する会社側との交渉や手続の代行、必要となる治療や検査に関するアドバイス、後遺障害診断書の内容に関するアドバイスや後遺障害申請手続の代行、慰謝料・損害賠償に関する会社側との示談交渉・裁判の代理対応など、事故直後の早期の段階から多岐にわたる対応が可能です。そして、早期の段階から弁護士によるサポートを受けることで、労災保険の適用から、適正な後遺障害の等級認定、適正な慰謝料・損害賠償の獲得まで、より充実した補償を受け取ることが期待できるのです。

一方で、弁護士にご相談いただくタイミングが遅くなると、弁護士によるサポートなしに手続が進行し、労災保険の適用、後遺障害の等級認定、慰謝料・損害賠償の獲得などにおいて、不利や困難を伴うことが考えられます。

八戸シティ法律事務所では、事故直後の早期の段階から、労働災害の被害に関するご相談・ご依頼をお受けしております。そして、労働災害の被害に関するご相談は、初回無料でお受けさせていただいており、早期の段階からのご依頼についても、弁護士費用が増額となることは基本的にはありません。

労働災害の被害に遭われた方は、どうぞ安心して、お早めに八戸シティ法律事務所にご相談いただければと存じます。